非常にありがたい存在

空港や駅で乗り物に乗るまでの時間を有効に利用するために、UQ WiMAXは非常にありがたい存在です。

さらに、ありがたいのは、乗り物に乗っている間の長い移動時間中に使用出来るということではないでしょうか。

国際線の飛行機であれば、機内で映画をやっていたり、音楽が聴けたり・・・というようなサービスがありますが、列車などでの移動については、そのようなサービスがありませんから、一人で乗っている場合、することといったら読書か寝る事くらいになってしまいます。

WiMAXは工事不要で面倒な配線設定も不要な便利なモバイルサービスです。

お引越しのときも工事の手続きなしにすぐに更新インターネットを利用することができ、配線のための部屋の配置を考える必要もありません。

人気の「BIGLOBE WiMAX」お友達紹介プログラムでは、ご契約者の知り合いに紹介して同じBIGLOBE WiMAX Flat 年間パスポートを申し込んだ人がいた場合、紹介者とお知り合いの両方に合計で2500円値引きの特典がつきます。

友人や会社の同僚などに紹介して、最大3人分まで受けることができます。

デジタルサイネージってご存じでしょうか。

まだあまり一般的な言葉にはなっていないようですが、街角のあちらこちらや、店舗内のあちらこちらなどに設置されているモニターのことです。

役所や図書館などの公共施設でも多く見かけるようになりました。

インターネットに繋ぐ事によって、さらに色々な使い方が出来ます。

たとえば、朝と夕方の通勤時間には、ビジネスマンやOL向けの情報を流したり、お昼の間は、主婦向けの情報、午後しばらくしたら学生向けなどというように時間帯で流す情報を分けることが可能です。

UQ WiMAXの速度は、下りが最大40Mbps、で、上りが最大10Mbpsです。

この速度は、あくまでも最大速度ということですから、必ずしも全員がこの速度で通信出来るという事ではありません。

電波の状況や混雑状況、そして、使用している端末などによって異なりはするものの、最大ではこのくらいまで出ますよ・・・という数値ですので、ご了承くださいね。

この速度であれば、どんなに大容量のデータであっても、時間を気にせずにやり取り出来るでしょうし、動画を観る時にもスムーズに見る事が出来ます。

WiMAXの割引特典

wimaxはショップや時期によって様々な特典を提供しています。

いつどこで契約してもサービス内容は変わりませんが、費用の面で大差がつくこともあるため事前の調査をおすすめします。

サービス提供プロバイダや取扱い量販店を各種調べていくと、wimax用の特別プランがあるためこちらもあなどれません。

特別プランはプロバイダ指定契約が伴うことが多いようですが、代わりに割引特典があります。

プラン内容と実際の利用状況次第では、思わぬお得なプランが見つかるかもしれませんよ。

toppa!のWiMAXパソコンセットを利用したい方も多いのではないでしょうか。

何と言ってもパソコンが100円で使えるというのは魅力的ですよね。

契約するにあたり、いくつか注意点がありますので、お伝えしたいと思います。

まず、ノートパソコンのメーカー保障は1年間ですので、それ以降はパソコンセットの商品に性能障害が発生した場合でも、toppa!に原因のある故障でない限り、toppa!は修理や交換には応じません。

また、これはWiMAXの2年間の継続契約を前提としてのサービスの提供ですので、もし2年以内に契約を解約した場合は契約経過期間に応じて契約解除料を支払わなくてはなりません。

WiMAXは屋内でも屋外でもインターネットを楽しめます。

自宅から外出して、外出先の屋内でもインターネットが使えるなんて素敵ですよね。

WiMAXのサービスを提供しているプロバイダは複数あります。

元々有線のプロバイダサービスでも有名な、BIGLOBEやDTIが有名です。

WiMAX自体のエリア等はどのプロバイダと契約しても基本同じですが、それぞれキャンペーン等を行なっている場合があるので、良く比較検討して自分に合ったプロバイダを選ばれる事をおすすめします。

wimaxはワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネットを実現しています。

ワイヤレスなので、引っ越しの際にも事前にインターネットの回線確認が必要ありません。

時間や手間がかかる開通工事が不要なので、引っ越ししたその日から家中どこでもインターネットが使えます。

モバイルインターネットを楽しむために必要な機器も、あなたの環境次第で選べます。

自宅のあちこちで使う場合はwimax内蔵のノートパソコンなんていかがでしょう。

通信機器が一切不要なのでリビングや自室に簡単に持ち運びができます。

電車の中でもつながるの?

快適なモバイルインターネット環境であるwimaxを、移動時の電車の中でも使いたいと思いませんか。

座席に座れたときは小さめのノートパソコンなら広げられますし、立っていてもwimax対応のスマートフォンは持てますね。

でも、果たして電車の中ではインターネットにつなげられるのでしょうか。

地上路線においては、wimaxのサービスエリアであれば特に問題なく使うことができます。

遮蔽物などの周囲の環境や混雑具合で調子の悪いことはありますが、短時間で元の調子が戻るようです。

wimaxのスピードについてお伝えします。

wimaxの速度は使う環境によって異なります。

スピードが心配であれば、購入前にトライアルサービスやレンタル機器を利用してみてはいかがでしょうか。

自宅や職場、移動中など日々使用する場所で実際に確認すれば、安心して購入に踏み切れるでしょう。

また、wimaxの実測スピードマップもインターネット上に存在します。

測定サーバの調子が影響するため数回見ることをおすすめしますが、各地での通信速度がわかります。

ここでは、TryWiMAXの具体的な申込み方法をお伝えしていきます。

最初に準備しないといけないのはクレジットカードです。

これはレンタル機器の保障として必ず必要です。

クレジットカードを持っていない場合はレンタルできません。

TryWiMAXには料金がかかりませんが、機器の返却日を一日でも過ぎると登録したクレジットカードから料金が引き落としされますので注意しましょう。

返却を期日までにきちんと行えば勿論無料ですので安心して下さいね。

ネットでもよく話題になるWiMAXは屋内で使えるのか、という点についてお話します。

色々なプロバイダ等のWiMAXのCMや広告等で、WiMAXの特徴が屋内でも屋外でも使える点にあるという事がアピールされていますが、実際どの程度使えるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

ここでの屋内の定義は、外出先等の建物の中というものになります。

WiMAXはエリア内であれば基本的に屋内でも充分に使えます。

WiMAXなら引っ越し先でもすぐに使える

wimaxはワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネットを実現しています。

ワイヤレスなので、引っ越しの際にも事前にインターネットの回線確認が必要ありません。

時間や手間がかかる開通工事が不要なので、引っ越ししたその日から家中どこでもインターネットが使えます。

モバイルインターネットを楽しむために必要な機器も、あなたの環境次第で選べます。

自宅のあちこちで使う場合はwimax内蔵のノートパソコンなんていかがでしょう。

通信機器が一切不要なのでリビングや自室に簡単に持ち運びができます。

wimaxの基地局は、20000局を超えています。

駅やバス停でのちょっとした待ち時間に使えるのは便利ですよね。

さらに移動中の電車やバスの中、出かけた先でも基地局があれば気軽にインターネットが使えます。

基地局が多いwimaxだからこそ、使えるかどうか事前に調べる必要がないのです。

また、一部の駅や空港において公共スペースでwimaxが利用できるようになっています。

WiMAXを検討されている方に、WiMAXの電波の特徴についてもお伝えしておきたいと思います。

WiMAXの電波の特徴として、直進性に優れているという点があります。

良い点としては、広い範囲をカバーできるという点で、障害物が無い所ではその能力を最大限に発揮する事ができます。

難点としては、障害物に弱いという点で、建物に囲まれた所や、室内に弱い傾向があります。

自宅でのWiMAX活用法について紹介します。

WiMAXがあれば転送量が気になるタブレット型PCでのビデオチャットも勿論出来ます。

遠距離恋愛中の人や、海外に済む友人とよく電話する方にもおすすめです。

携帯は最低限の通話のみの契約にして、iPodtouchでメールやインターネットを全て賄うという使い方もおすすめですよ。

自宅やよく行く場所がエリア内なら、この方法はかなりおすすめです。

多数の機器で同時接続する事が出来るので、通信費が凄く節約出来てしまします。

工夫する事で魅力の広がり方は無限大です。

WiMAXパソコンセットのプラン内容

ここでは、toppa!のWiMAXパソコンセットのプラン内容をお伝えしていけたらと思います。

toppa!が提供するWiMAXのパソコンセットは2年の契約を条件に100円の預かり金で新品パソコンを貰えてしまうサービスです。

まず、toppa!のWiMAXパソコンセットの月額料金は、toppa!WiMAXデータプラン(W)フラットバリューONEの利用で、5860円です。

パソコンセットで貰える新品のノートパソコンは、lenovoG565で、スペックはWindows7搭載でメモリが2GB、HDDが250GB、LEDバックライト付15.6型ワイドHD液晶、DVDスーパーマルチドライブ、30万画素のウェブカメラ搭載のモデルです。

WiMAXの室内での利用についての話題です。

時々、このサービスは実際室内でも使えるのか?という質問をされる事があります。

この場合の室内とは、外出先等の建物の部屋の中、というものになります。

基本的には屋内でも使えるので、サービスエリア内であれば、室内でも使えます。

ただ正直な話し、通信の特性から障害物に弱いので、建物の位置や部屋の配置によっては、そのままだと通信が難しい場合もあります。

wimaxは高速モバイルインターネットを実現しています。

既にお持ちのパソコンでモバイルインターネットを利用したい場合は、データ通信カードがおすすめです。

USBスロットやPCカードスロットに差し込むだけで、お手軽にインターネットに接続が可能です。

同時に複数台の対応機器でインターネットを楽しみたい場合は、Wi-Fiルーターが大活躍します。

ノートパソコン以外でもゲーム機やスマートフォンを利用する人向けですね。

wimaxはショップや時期によって様々な特典を提供しています。

いつどこで契約してもサービス内容は変わりませんが、費用の面で大差がつくこともあるため事前の調査をおすすめします。

サービス提供プロバイダや取扱い量販店を各種調べていくと、wimax用の特別プランがあるためこちらもあなどれません。

特別プランはプロバイダ指定契約が伴うことが多いようですが、代わりに割引特典があります。

プラン内容と実際の利用状況次第では、思わぬお得なプランが見つかるかもしれませんよ。

wimaxの基地局の数

wimaxの基地局は、20000局を超えています。

駅やバス停でのちょっとした待ち時間に使えるのは便利ですよね。

さらに移動中の電車やバスの中、出かけた先でも基地局があれば気軽にインターネットが使えます。

基地局が多いwimaxだからこそ、使えるかどうか事前に調べる必要がないのです。

また、一部の駅や空港において公共スペースでwimaxが利用できるようになっています。

WiMAXを契約してみようかな、という気持になった方も多いのではないでしょうか。

WiMAXはどのプロバイダでも基本的に速度等は同じなので、より料金が安く、自分の求めるサービスを提供しているプロバイダを選ぶ必要があります。

例えばBIGLOBEのようにメールアドレスの提供を行なっていたり、公衆無線LANサービスを行なっていたりするのもポイントが高いですよね。

有名なWiMAXのサービスを提供しているプロバイダとしては、先程お伝えしたBIGLOBEやDTI、toppa!等があります。

WiMAXの室内での利用についてのお話です。

WiMAXがもし使えるのか不安な場合は、WiMAXを提供するプロバイダのサイト上で使える地域なのか確認した後、TryWiMAX等といった、実際に機器の貸出を無料で行なっているサービスを利用する事で、そこで通信する事ができるのかの確認をする事をおすすめします。

また、もしエリア判定で△印が出るなど少し通信が難しい場合でも、WiMAXのルーターを窓際に置いて使ったり、屋内用のホームルータタイプのUroad home等を使用したりする事で改善させる事も可能です。

インターネットの接続方式には様々なものがあります。

光回線に携帯電話、公衆無線LANサービスにwimaxのようなモバイルブロードバンドと、あまり意識することなくインターネットは利用できますね。

インターネットの利用用途によって必要な回線速度は異なります。

添付ファイルのないメールチェック程度でしたら遅めの回線でも問題ありません。

モバイル環境がメインの人でしたらwimaxなどの速度に合わせた使用に慣れているでしょう。

一方動画の視聴やオンラインゲームといったことに使用する場合は、接続速度はなるだけ速い方が助かります。


サイト情報
当サイトをご覧いただきありがとうございます。本サイトは、Microsoft Internet Explorer 6.0にて動作確認を行っております。文字サイズを大きく設定した場合や、このブラウザ以外でご覧いただいた場合に画面の一部が正しく表示されないことがあります。あらかじめご了承ください。 トップページへのリンクは自由にはって下さい。相互リンク大歓迎です。ただし、リンクするウェブサイトの内容やリンクの方法によっては、リンクを解消していただく場合があります。